氷は「家で作るもの」から「買うもの」へ 製氷機・製氷皿を使わない人たちの事情!?

氷は、家庭の冷蔵庫(冷凍庫)にある自動製氷機や製氷皿で簡単に作ることができます。特に氷の使用頻度が高くなる夏場は、頻繁に氷を作る家庭も多いのではないでしょうか。氷は家庭で作るもの」というのがこれまでの常識でしたが、徐々に変わりつつあります。最近、「氷は買うもの」という人が増えてきているのです。なぜ家で氷を作らないのか、氷を買うメリットは何なのか。氷を買う」人に、その事情を聞いてみました。 写真]不便ですか? 製氷皿 1kg100円の氷を買う方がコスパがいい?  建設会社勤務の40代女性Aさんは、冷蔵庫を買い換えてから4年間、自動製氷機を使ったことがないといいます。 以前の冷蔵庫では、夏場だけ製氷機を使用していました。ただ、菌やカビなど衛生面が少し気になったので、使用期間中はこまめに手入れをしていました。意外と面倒で、夏が来たら氷を作らなければならないのか……と少し憂鬱になったものです」(Aさん)。  Aさんが氷を買うようになったのは、自動製氷機が故障したことがきっかけ。実際に氷を買ってみて、その快適さに魅了され、その後も氷を買い続ける方針にシフトしたそうです。 氷は、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで意外と安く買えるもの。我が家は3人家族なので、たくさん使うわけでもなく、氷を作るより買う方が楽なんです。氷ができるまで待つこともないので、コストパフォーマンスは高いと思います。今使っている冷蔵庫は自動製氷機付きの機種ですが、結局一度も使ったことがありません。 氷がキムチ状になるのに辟易しているので…。  その他、以前は製氷皿を使っていたが、氷を購入するようになった。IT企業に勤める30代のBさんは、製氷皿の扱いが苦手だったという。 製氷皿は場所をとりますが、1回に10個くらいしか作れないのが不満でした。しかも、アイストレーを冷凍庫に運ぶとき、どうしても水をこぼしてしまうんです。でも、氷は家で作れるので、買うのはもったいないと思って・・・・・・」(Bさん)