水泳によるダイエット方法について

きっかけは、大学受験が終わってアルバイトを始めたことです。大学受験勉強では、一日10時間ほど参考書とにらめっこしており、運動という運動は全くしていませんでした。その生活を数ヶ月続けていると、体重は気づけば約10キロも増加していました。受験を終えてなんとかしなければとは思っていた時、ダイエットに最適の環境が与えられました。それは、プールでのアルバイトです。大学生活に慣れてきた6月頃、プール監視員のアルバイトを始めたのですが、そのプールは従業員は自由に使うことが可能とのことでした。こんなに良い環境はないと思い、早速水泳を取り入れたダイエットをすることにしました。
私が実践したダイエット方法は、水泳でした。プール監視員のアルバイトは週5ほどで入っていましたが、プールを利用するタイミングは週1、2回でした。今思い返すと良くやったな…と感じますが、朝から晩までフルにシフトを入れていた土日に、昼休みを使って2~30分泳いでいました。泳法や速度にはこだわらず、自由形、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライを好きな量だけ泳いでいました。
私が水泳ダイエットを実践してどうだったかというと、最初の1、2ヶ月で5キロほど体重が減りました。最初はやはり減りが早く、自分でも驚く速度で結果が出ました。その後も気負わずゆるりと続けていると、2年後には約15キロほど減少しました。最初はすぐに疲れていた体もだんだんと強くなり、筋力もついたように思います。食事制限などよりも健康的に痩せられたと思いました。
水泳ダイエットをおすすめしたい人は、水泳が好きな人、時間と環境がある人です。やはりまず水泳が好きでないと続かないと思うため、好きであることは必須条件です。また、ヨガや筋トレなどと違い、水泳にはプールという環境と、有酸素運動に当たるため、最低でも2、30分の時間が必要です。これらの条件がそろっている人には手軽なダイエットかと思います。おすすめしたくない人は、泳げない人です。泳げない人については、代わりに水中ウォーキングをするか、あるいは陸の上でできる別のダイエット法を実践した方が効果的だと思います。
一番のアドバイスは、気負わないことです。ダイエットは習慣化が大切ですが、そのためにはメンタルが重要です。嫌だな、やりたくないな、と思っていると、いずれ継続が難しくなってきます。また、これだけの量をやろう、など過度に頑張り過ぎても燃え尽きの原因になると思います。そのため、自分のペースでいいんだ、と気負わずに続けて行くことが大切です。