朝の母親がヒステリー、悩みにどう対処するか

朝の母親がヒステリー、悩みにどう対処するか
このごろ、自分が怒ると子どもに怒る。時には子どもを追い詰めてしまうほど。こんなに子どもを怒るなんて、私は一体どんな人間なんだろう。だって、子どもが傷ついた顔をしているのに、やめられないんだもん。もしかしたら、私はヒステリーなのでしょうか?
私はかつて、ヒステリックと言われるほど感情的でした。当時は子どもはいませんでしたが、夫によくヒステリックな怒りをぶつけられました。そして今、その経験を活かして、ヒーラーとして、心の問題に悩む子育て中の方へのセッションを行っています。
そこで気づいたのは、ヒステリックになりやすい人には、共通の特徴や心理的要因があるということです。今回は、ヒステリックに感情的になるお母さんの5つの特徴や心理的要因をご紹介したいと思います。
1.感情的な母親は、適度に怒ることが難しく、切り替えが早い。
一度火がつくと、沸騰したお湯のように煮えくり返り、最終的には自分の中のお湯が沸かなくなるまで煮詰まる。
2.2.子供の気持ちを聞くのが苦手である。
子どもが嫌な思いをしているとき、ただ話を聞くのではなく、守りに入るか、状況を打開しようとする傾向がある。
3.3. 人を喜ばせるのが好きな人。
みんなに好かれたい、認められたいと思うので、自分のことよりみんなのことを優先します。
4.4. 境界を設定するのが難しい。
対立を恐れ、それを避けるために何でもする。
5.彼らは完璧主義者である。
自分にも子供にも非現実的な期待を抱いている。
もし、あなたがこれらの特徴のいずれかに共感できる母親なら、ヒステリックになりやすいかもしれません。でも、心配しないでください。適切なサポートがあれば、感情をコントロールできるようになり、なりたい母親になることができます。
幸健生彩を最安値で購入するならここ