ケビンとマリーと恋した男

二人がどのように出会ったか詳しくは知らないが、いくつかの推測をすることはできる。そして、もしかしたら私は正しくないかもしれない。間違っているかもしれない マリーに恋したのは 結婚前のケビンだけでは ないかもしれない もしかしたら、彼だけかもしれないし、そうでないかもしれない。
その頃、ケビンはサンフランシスコに住んでいた。社会人になって1年、まだ20歳だった。彼女は22歳の若い女性だった。彼はその週、会社で彼女に会ったが、彼女はまだ会社の新人であった。彼女は新しい職場に来たばかりで、どうやったら会社になじめるか考えていた。二人はその水曜日に出会い、それから2週間後に結婚していた。
彼女が彼に魅力を感じた理由はただ一つ、会社にいながらも、彼の名前がケビンで、若い男性であることを意識していたことだろう。
考えてみれば、ケビンがマリーに最初に恋した男というのも納得がいく。ケビンはハンサムだし、背も高かった。彼のような年齢と性別の若い女性なら、ハンサムな青年に恋されても気にならないだろう。
もちろん、それだけが二人が出会った理由ではないだろう。しかし、かなりもっともな理由である。
私は男性の専門家ではありません。私は男性のことをよく考える女性です。私の考えがすべて男性のスペクトルに当てはまるとは限らない。特定のモノやコトがあるわけでもないし、そのどれかを本当に信じているわけでもない。単に思ったことを言ってるだけです。
男性の心理を熟知しているわけではありません。私はただの女で、男性について考え、書いているだけです。これについては、いろいろと調べて、多くの時間を費やしてきました。その結果分かったことは、男性がすることの中には、女性が嫌がることがたくさんあるということです。
彼らは女性の意見に興味がないのです。このことについて書いたこと、過去に話したことの多くが、その男性に擦り寄ることは間違いないでしょう。自分の考えを言ってくれる男性を求めているわけではありません。あくまで私がそう思っていることです。
私たちは皆、同じではないのです。