いすゞ期間工について!待遇や寮、キツさなどを解説!

いすゞは、期間工が働きやすい環境づくりに力を入れているメーカーです。
つまり、いすゞは社員を大切にしており、いすゞで働き続けるうちに正社員になりたいと思う人も多いのではないでしょうか。
いすゞの期間工が正社員に登用されることは少ないですが、その割合は他のメーカーと大差はありません。
ここでは、いすゞ自動車の正社員になるには何が必要なのか、正社員になると何が変わるのかを解説していきます。
いすゞ自動車の仕事内容・給料は?勤務地や寮はどうなっているのか?
いすゞ自動車の期間工の月収は20万円~32万円程度と言われています。
契約更新の度にもらえる満了慰労金の総額は最大で245万円とも言われています。満了慰労金以外にも様々な手当があり、それらを全て含めるといすゞでは年収400万円近く稼ぐことも可能です。
いすゞの派遣社員は、主にトラックの製造に関わる業務に従事しています。栃木工場と藤沢工場で行われ、それぞれ仕事内容が異なります。
栃木工場では、主にエンジンの組み立てと部品加工に従事しています。具体的には、ライン作業用のエンジン部品の組み立てや、組み立て後のエンジンの動作確認などを行っています。また、栃木工場ではシャフトの検査も行っている。
藤沢工場は、プレス加工とボディーの組み立てを行っている。藤沢工場は、一般的な乗用車メーカーとは異なり、トラックやバスなどの大型車両を扱っています。乗用車の仕事に疲れた方、クルマが好きな方におすすめです。
トラックの仕事と聞くと、「大きい」「荷物が重い」「危険な仕事」など、大変そうだと思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、いすゞは「動かさない」「探さない」「振り向かせない」をモットーに、仕事を軽くする工夫を凝らしています。いすゞでは期間工のフォローアップ体制が整っており、多くの期間工が2週間ほどで仕事に慣れるそうです。
いすゞの寮は栃木工場、藤沢工場ともに完全無料で、相部屋はない。寮費はもちろん、光熱費もすべて会社負担なので、節約したい人には最適な環境です。
特に藤沢工場は、全室バス・トイレ付きで寮の環境が整っている。栃木工場の寮も個室はありますが、バス・トイレが共同のグループ寮になっていることがあります。
しかし、グループ寮は共有スペースにテレビやWi-Fiがあるので、コミュニケーションをとる必要がなく、休日は同僚と一緒に過ごすことができます。積極的な性格の人にとっては、むしろ楽しい環境かもしれません。
いすゞ期間工について詳しくは下のページで紹介しています。
いすゞの期間工情報
一度ご覧いただき、応募を検討してみてください。